世界中で人気な国際サッカー連盟公式のゲームシリーズ『FIFA』の最新作。

今作『FIFA19』は、世界から30以上のリーグ、700を超えるチームが収録され、日本のJ1リーグ全18クラブも使用できる。夢のJ1リーグクラブと欧州ビッグクラブとの対戦や選手移籍も可能になっている。また、ディナモ・ザグレブ、スラヴィア・プラハ、ディナモ・キエフ、ヴィクトリア・プルゼニといった歴史あるヨーロッパクラブも収録され、セリエA TIMと中国サッカー・スーパーリーグのフルライセンスも追加されている。
今作からはクラブサッカー最高峰の大会ーUEFA Champions Leagueを収録。公式の試合演出、Europa LeagueやSuper Cupを含む様々なトーナメントが登場する。モードも充実しており、キックオフやキャリアモード、オフライン、そしてThe Journey: Championsでの優勝争いまで、様々なモードで世界最高のクラブサッカー大会を楽しめる。
醍醐味は、現実通りの組み合わせでチャンピオンズリーグの世界を堪能出来ることだ。ランダム、もしくは自分の好きな組み合わせでプレイすることが可能である。
試合演出から実況解説に至るまで、公式ライセンスならではのクオリティだ。 ぜひヨーロッパを制覇し、有名なトロフィーを掲げたい。

このゲームの魅力は、何といってもリアルに表現されたグラフィックだ。
実在するスタジアム・選手・ユニフォームなどが綺麗に描かれているので、ゲームに没頭しやすくなっている。リアルな実況パッケージに加え、多数のスタジアムや選手のヘッドスキャンが新たに収録されている。 
選手の動きは滑らかで、新たに導入されたアクティブタッチシステムによってより細かなコントロールが可能に。また、ダイナミック戦術によりチームを奥深くカスタマイズできる。
ボールの動きもリアルで、ちゃんとした体勢からシュート・パスを撃たないと変な方向にボールが飛んでいってしまう。

オフラインで出来るモードが充実しているのも魅力だ。
トーナメントではオフラインでも好きな国をプレーできる。国によってはトーナメントだけでなく、リーグもついている。女子のトーナメントもあり、もちろんチャンピオンズリーグもオフラインで楽しめる。
FIFAでお馴染みのキャリアモードは監督としてチームを選びシーズンを戦う「監督キャリア」と、
選手としてプロ生活を体験できる「選手キャリア」がある。好きなチームを使いリーグ戦を行える。
キックオフモードにも世界最高峰のクラブカップを統合している。
従来のキックオフは、グラフィックやルールの変更を行わずに行うシンプルな対戦モードだったが、今作ではそれに加えてUEFA Champions League、ハウスルール、ベストオブシリーズ、ホーム&アウェー、フィーチャードカップファイナルという5つの新形式で試合をプレイできるようになっている。また、プレイした全試合から集計したデータと詳細な分析結果を確認できる新しいデータ集計などの要素を搭載。グループステージからファイナルまで、固有のグラフィックやルールなどでチャンピオンズリーグをカスタマイズすることで、リアルなトーナメント体験を楽しめる。
スキルゲームは今作の新しいスキルを確かめるのに最適だ。ドリブルやパス、シュートなどのスキルを、ミニゲームを通して身につけられるようになっている。
FIFA17,18,そして今作19の3部作の『The Journey』はまるで映画のようだ。
アレックスハンターという架空のサッカー選手を主人公にしたストーリーモードで、1人のサッカー選手のキャリアを体感できる。
今作のジャーニーは舞台がチャンピオンズリーグで、主人公の所属チームはレアル・マドリードである。アレックス・ハンターを活躍させ、チームを勝利に導こう。
『The Journey』の作り込まれたストーリーに、今作からのユーザーも十分に世界に入り込めそうだ。

もちろん『FIFA ULTIMATE TEAM』のあるオンライン対戦も面白い。

シリーズ最多のクラブから自分に合ったクラブを選ぶことが可能な『FIFA19』は、万人が楽しめるお薦めの1本だ。